令和 2 5 21

一般財団法人 日本リトルシニア中学硬式野球協会 関東連盟チーム会長各位

関東連盟関係各位

一般財団法人 日本リトルシニア中学硬式野球協会

関東連盟 理事長 内藤 正明                                 〈公印省略〉

 

緊急事態宣言解除以降のチーム活動再開について(関東連盟)

- 学校が再開した地域ごとにチームの活動を再開 -

当連盟は 5 5 日付の「5 31 日までチーム活動休止指示」に基づき、現在全チームが活動休 止中ですが、政府が緊急事態宣言を解除した地域のチームにおいては、グラウンドのある地区、お よび選手が通学している地区の中学校再開の他、下記条件のもと活動を再開してください。 チーム活動の再開にあたっては、各ブロック長経由支部長に届け出て了解をもらうものとします。

 

【練習再開の条件】

1)チームが練習するグラウンドのある地区、および選手が通う中学校学区で緊急事態宣言が解除 され、中学校が再開しており、外出への制約がない場合練習を再開できる。

2)保護者の同意が得られている選手のみ練習に参加する。

 

3)対外試合や練習試合は、追って当連盟が連絡するまで行わない。

 

4)一度に大勢の選手が集まらないよう、学年ごとに集合するなどとし、練習時間も半日程度 に短縮する。また、グラウンドでは極力昼食をとらないよう配慮する。

 

5)下記注意事項にくわえ、チーム毎に保護者の協力も得ながら新型コロナウイルス感染防止策を 講じ、指導者・選手・保護者に周知し、監督が責任をもって実行する。 ・・・対策が不十分と思われる場合、支部や連盟の判断でチーム活動の休止を命じることがある。

 

【衛生上の注意】 厚労省が5月4日に示した感染症対策に基づいた「新しい生活様式」を参考にする。

 

6)グラウンドに来る全ての者の自宅での検温結果、および入退場記録を残す。発熱や咳など体調 不良の選手・保護者・家族およびチーム関係者は、グラウンドへの立ち入りを禁止する。同居 者に同様な症状がある者も、同様に立ち入りを禁止する。

 

7)選手、チーム関係者や保護者・同居家族に新型コロナウイルスの感染者が発生した場合、チー ムの活動を中止し、各ブロック長経由支部長に連絡する。

 

8)グラウンド入退場時や飲食の前、トイレの後の手洗いおよび定期的なうがいを励行する。 チームは、手洗い用のハンドソープおよび消毒用アルコールなどを常備する。

 

9)接触感染予防のため、金属バットやヘルメット等を多人数で使う場合は、都度消毒する。

 

10)密閉空間(室内)での練習、説明会などは行わない。

 

11)保護者やその家族、チーム関係者は、グラウンドにいる間マスクを着用する。

 

12)選手、チーム関係者や保護者・その家族は、常にソーシャルディスタンスを意識し、かつ極力 大きな声を出さずに飛沫感染予防に努める。ベンチ前などに選手を密集させて指導することは 行わない。

 

13) 熱中症が心配される季節に向かうが、飲み物は十分な量を各自持参とし、共通のジャグは使用 しない。また保護者のお茶当番はおかない。

 

【保護者への注意】

14) 保護者やその家族は、選手の送迎、新入部員の場合の説明会受講など以外、グラウンドに不要 な滞在をしないこととし、チームとの連絡は極力 SNS などを利用する。

 

15)車での移動時は換気に注意し、大勢での乗合は極力避ける。

 

 以上