熱闘 熱投 熱打 球児&学童 野球活動日記

息子3兄弟の野球活動日記&たまに父の活動(コーチ&社会人野球&審判)

    野球って奥深い。
    子供たちに教えることの難しさ、日々勉強です。

    初球、好球、必打

    タグ:高校野球








    d730dc3d6550f03e2c71056d9e5e81ca

    選抜高校野球2020年出場校 予想


    令和4年度 第94回 選抜高校野球大会出場校は、一般選考28校・神宮枠1校・21世紀枠3校の計32校

    日程年間スケジュール

    2022年1月28日 第94回選抜高校野球大会選考会
    2022年3月11日 組合せ抽選会
    2022年3月18日~開幕(13日間)


    選抜出場校予想 神宮枠(近畿地区)※赤字当確

    北海道地区(1枠)

    優勝   クラーク記念国際
    準優勝  旭川実業
    ベスト4 札幌国際情報、東海札幌


    東北地区(2枠)

    優勝   花巻東
    準優勝  聖光学院
    ベスト4 八工大一、青森山田


    関東地区(4枠)・東京(1枠)・比較1枠

    優勝   明秀日立
    準優勝  山梨学院
    ベスト4 浦和学院・木更津総合
    ベスト8 白鷗大足利・桐生第一、東海大相模、健大高崎

    優勝   國學院久我山
    準優勝  二松學舍大附
    ベスト4 関東一、日大三


    北信越地区(2枠)

    優勝   敦賀気比
    準優勝  星稜
    ベスト4 富山商業、小松大谷



    東海地区(2枠)

    優勝   日大三島 
    準優勝  聖隷クリストファー 
    ベスト4 大垣日大、至学館



    近畿地区地区(6枠)神宮1枠

    優勝   大阪桐蔭
    準優勝  和歌山東
    ベスト4 天理、金光大阪
    ベスト8 市立和歌山、東洋大姫路、近江、京都国際



    中国地区(2枠)・四国地区(2枠)・比較1枠

    優勝   広陵
    準優勝  広島商業
    ベスト4 岡山学芸館、倉敷工業

    優勝   高知
    準優勝  鳴門
    ベスト4 明徳義塾、徳島商業



    九州地区(4枠)

    優勝   九州国際大学付属
    準優勝  大島
    ベスト4 有田工業、長崎日大
    ベスト8 海星、興南、佐賀商業、明豊



    21世紀枠(3枠)

    北海道:
    青森:弘前南=4強
    岩手:久慈東=準優勝
    宮城:東北学院榴ヶ岡=8強
    秋田:大舘桂桜=準優勝も推薦辞退
    山形:創学館=8強
    福島:只見=8強
    東京:狛江=8強
    神奈川:日本大学高=8強
    埼玉:上尾高=4強
    千葉:千葉黎明=8強
    茨城:下妻第一=8強
    栃木:高根沢=4強
    群馬:太田高=8強
    山梨:甲府第一=8強
    長野:松本深志=8強
    新潟:学館新潟=4強
    富山:県立砺波=8強
    石川:小松=8強
    福井:丹生=4強
    愛知:中部大春日丘=4強
    岐阜:大垣南=16強
    静岡:科学技術=8強
    三重:相可高=8強
    大阪:星翔=4強
    兵庫:加古川西=8強
    京都:塔南=準優勝
    滋賀:伊吹=8強
    奈良:高田商=準優勝
    和歌山:熊野=8強
    鳥取:倉吉総合産=準優勝
    岡山:玉野商工=8強
    島根:松江南=8強
    広島:県立三原=8強
    山口:宇部工=4強
    徳島:徳島市立=8強
    香川:高松第一=8強
    愛媛:松山商=8強
    高知:宿毛工業=8強
    福岡:県立福岡=8強
    佐賀:鹿島高=4強
    長崎:諫早農=4強
    熊本:県立熊本北=16強
    大分:大分舞鶴=準優勝
    宮﨑:小林秀峰=優勝
    鹿児島:国分中央=4強
    沖縄:北山=4強


    【新チームの主力】名門で主将...甲子園で圧巻の活躍!高2世代ネクスト球児の現在

    岡西 佑弥(橿原ボーイズ-智辯和歌山) 渡部 海(住吉ボーイズ-智辯和歌山) 星子天真(熊本泗水ボーイズ-
    大阪桐蔭伊藤 愛都(草津シニア-龍谷大平安) 福原 聖矢(安仁屋ヤングスピリッツ-東海大菅生) 八谷 晟歩(佐賀フィールドナイン-浦和学院) 山田慎之介(浦和シニア-花咲徳栄) 宮原慶太郎(東練馬シニア-慶應義塾) 酒井 優夢(橿原ボーイズ-智辯学園) 玉城 陽希(中本牧シニア-横浜) 仲宗根 大斗(宜野湾ポニー-沖縄尚学) マーガード真偉輝(宜野湾ポニー-星稜) 西田稀士郎(佐賀フィールドナイン-浦和学院) 山田 陽翔(大津瀬田ボーイズ-近江) 谷口勇人(京田辺ボーイズ-大阪桐蔭) 小池 祐吏(中本牧シニア-東海大菅生) 富塚 隼介(世田谷西シニア-日大三) 高山 維月(福岡志免ボーイズ-浦和学院) 山口凱矢(静岡裾野シニア-桐蔭学園) 南 琉人(湖東シニア-東海大相模)



     


     


     


     


     


     


     


     



     

    5月13日付 東京都高等学校野球連盟 発布

     東京都高等学校野球連盟加盟校加盟校責任教師・監督会議の中止と今後の日程について

    5月30日に予定していました東京都高等学校野球連盟加盟校加盟校責任教師・監督会議を新型コロナウイルス感染の緊急事態宣言が出ているため中止となる。

    今後の日程については、以下の通り

    高校野球







    【高校野球】人気選手TOP30を発表!過去5年間で1番アクセスされたのはあの選手! 




     












    その他



    私立向上高校を破った県立相模原

    あわや、二戦連続で私立校を
    しかも、選抜ベスト4の東海大相模に
    ジャイアントキリング!?


    初回に五点のアドバンテージ

    中盤までリード

    同点に追いつかれても、すぐに突き放す


    いよいよ最終回、2点差

    神奈川の雄に土をつけるか

    ワンナウト

    あと二人

    土壇場で、2ランホームランで同点される

    東海大相模  強い

    なお、攻めて、ついにサヨナラ勝ち

    あと二人

    届かず


    あと二人まで、私立二校を苦しめた
    データ野球

    最終回まで実行した集中力

    徹底した勇気

    素晴らしい選手たち

    今秋の後輩たちに繋ぐ



    白山高校もベスト8で、散る

    優勝経験、横浜高校出身の指導者に変り、

    秋は、大師高校と俄然注目です

    さあ、明日はベスト4進出を賭けての一戦

    とうとう、ここまできました。

    ひと月前の抽選会から、始まった甲子園出場への道


    ここまでくると、恒例の生徒が夏休みに入ったため、さらに応援が過熱してきます

    広い神宮球場での一戦となるので、応援数、観客数が、一段と増えてきます

    応援合戦も、見所です

    明日は、極暑予報、応援も体力勝負です。

    第一試合 10時
    創価対日大鶴ヶ丘

    第二試合  12時30分
    八王子高校対東海大菅生


    DSC_0956

    過去二年の対戦成績は、五分

    前年の選手権ベスト4のチームに挑みます



    FB_IMG_15320620851914073
    専大附属との5回戦

    3対1で、勝利

    FB_IMG_15320621133114816

    立ちあがり、一死満塁のピンチをしのぎ
    連打で先取点

    二回以降は、投手戦
    (八回裏、チャンスも凡退で追加点ならず)

    そして最終回

    先発ピッチャーが捕まり、一死後に連打で一失点

    ピンチが続き、ピッチャーと守備をスイッチ



    次打者が初球を打って、キャッチャーフライ


    あとひとり

    ピッチャーゴロでゲームセット

    ベスト8進出

    DSC_0956

    月曜日、ベスト4を賭けて、東海大菅生と対戦

    過去二年の対戦成績は、五分

    前年の選手権ベスト4のチームに挑みます



    FB_IMG_15319154486409158

    まさに死闘でした。

    甲子園出場権を賭けた、高校球児の暑い夏の戦い

    IMG_20180718_211103



    4年連続の対戦カード

    過去3年の対戦結果のうち、勝者が1回ずつ甲子園出場


    2勝2敗の五分

    来年は、お互いにシード取って神宮球場で対戦したい


    さあ、ベスト16

    専大附属も、元チームメイトがおり、応援合戦から勝負が始まります

    DSC_0956


    FB_IMG_15316513824859654

    佼成学園との熱戦を制し四回戦へ

    過去二年は、五分の対戦成績

    甲子園出場高校との甲子園出場を賭けての対戦が続きます。


    試合終了後に球場内で号外が配布されました
    DSC_0957
    DSC_0956
    FB_IMG_15316513923492131

    狙えるぞ、甲子園出場❗

    西東京の第一シードと第二シード高が登場

    日大三高 初戦から痺れる展開
    あわや、杉並高校がジャイキリ

    高校(中学)野球のトーナメントでは

    よくある出来事

    シード高の初戦
    2試合戦ったチームにコロッと敗戦
    希にあるようです。

    エースを温存して、サクッとコールド発進が
    終盤にエース投入する展開に

    点とれないと、縺れてしまう

    シードではないが、毎年ベスト16に顔をだす
    日本学園が、都立高校に完封され、散る


    高校野球

    やってみなければわからない

    波乱があるから面白い

    明日からは、更に熱気と猛暑

    選手と父兄の応援、体力戦です

    西東京の第一シード側下段のやぐら二回戦が
    始まった。

    初戦は、都立高校

    二年生が先発

    無難に押さえていき、地味?に得点を重ね
    コールド発進

    15日に、第一関門、私立校と対戦し、
    三回戦突破を目指します。


    ぞくぞく登場  甲子園出場高校

    明日、第一シードと第二シードが初陣

    春季大会のより、パワーアップされているのかが楽しみです


    そして今日、元チームメイトの投手が一年生ながら、初登板(羨ましいね、元チームメイトの大半は応援要員なので)

    しっかり押さえて、こちらもコールド発進

    次回の登板も期待出来そうです。

    2017年 高校野球 好きな応援歌


    北海高校
    世界一のアゲアゲホイホイ【第99回全国高等学校野球選手権大会】





    今年 100回記念大会は、どんな応援歌が流行るのでしょうか



    今大会は、3781校が頂点を目指す

    沖縄では始まっているが
    東京も明日の七夕から開幕する

    都道府県別分布をみると

    南北海道の100オーバーに驚き

    神奈川、1枠だと確かに厳しい県です
    金言「神奈川を制するものは、全国を制す」

    この表をみると確かに、解る気がする

    野球人口減少と、近年言われているが
    自分の野球少年時代と比べると、まだまだ
    出場校、多いわ



    第100回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の地方大会の組み合わせ抽選会が5日の富山で終わり、全体の参加数が確定した。チーム数は昨年より58少ない3781チーム(連合チームの内訳を数えた校数は3920校)となった。最多4163チームが参加した84、85回大会からは15年連続で減少した。

    2012年夏から認められた部員不足(8人以下)の学校による連合チームは昨年の57チーム(153校)から81チーム(212校)に増えた。統廃合に伴う連合は7チームだった。

     記念大会のため、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡が2代表制となり、最激戦区は東東京の132チームとなった。西東京の130チーム、静岡の111チームと続く。最少は鳥取の24チームだった。

         ◇

    ■第100回記念大会の参加チーム数

    大会名 参加チーム数

    北北海道 89(-5)

    南北海道 106(-4)

    青森 59(-4) 

    岩手 66(-2) 

    秋田 44(-3) 

    山形 48(-1) 

    宮城 67(-2) 

    福島 78 

    茨城 98 

    栃木 59(-2) 

    群馬 64(-1) 

    北埼玉 74(+2) 

    南埼玉 84 

    東千葉 83(-5) 

    西千葉 80 

    東東京 132(-2) 

    西東京 130(+2) 

    北神奈川 94(―3) 

    南神奈川 92 

    新潟 82(-2) 

    長野 85 

    山梨 35(-1) 

    静岡 111(-1) 

    東愛知 85(-2) 

    西愛知 101 

    岐阜 68 

    三重 61(-2) 

    富山 48(+1) 

    石川 46(-3) 

    福井 30 

    滋賀 50(―1) 

    京都 75(-2) 

    北大阪 88(-1) 

    南大阪 87 

    東兵庫 72 

    西兵庫 90 

    奈良 39(-1) 

    和歌山 39 

    岡山 59 

    広島 88(-2) 

    鳥取 24(-1) 

    島根 39 

    山口 58(-2) 

    香川 38 

    徳島 31 

    愛媛 59(-1) 

    高知 28 

    北福岡 63(-1) 

    南福岡 70 

    佐賀 40(-1) 

    長崎 57 

    熊本 61(-2) 

    大分 44(-1) 

    宮崎 48(-1) 

    鹿児島 70(-3) 

    沖縄 65(+2) 

    合計 3781(-58) 

    ※カッコ内は昨年比。記念大会で分割された埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡は2地区の合算を上段に示した

         ◇

    ■主な大会の参加チーム数

    第1回 73 

    第10回 263 

    第20回 675 

    第30回 1256 

    第40回 1807 

    第50回 2485 

    第60回 3074 

    第70回 3958 

    第80回 4102 

    第84回 4163 

    第85回 4163 

    第90回 4059 

    第100回 3781 

    84、85回は史上最多

    毎回、全国選抜大会のあとは、
    チーム皆で、甲子園に寄り、第一試合を観戦。
    一部の選手が、テレビに映ったそうです。

    1490850069995
     1490850064313
    1490850099629
    1490770958334
    おまけ

    このページのトップヘ